, ,

ヒジャブ着用巡る抗議デモ1カ月、拡大続きイラン国外にも 連日衝突200人超の犠牲 「反政府」の様相も (www.tokyo-np.co.jp)

「女性が取り押さえられる姿を見ると、魂が凍り付くような恐怖を感じる」。テヘラン在住のザハラさん(30)が打ち明けた。イランでは1979年のイスラム革命以降、女性は国籍や宗教を問わずヒジャブ着用義務があり、ザハラさんも風紀警察から注意された経験がある。取り締まりの恐怖から謝罪しヒジャブを着け直したが「なぜ注意されるのか」と不満がくすぶった。ヒジャブの「不適切」着用を理由に、マフサ・アミニさん(22)が風紀警察にテヘラン市内で拘束され、その後死亡したことをきっかけにデモが始まった。当局は死因を「心臓発作」としたが、遺族は拘束中の警察の暴力が原因である可能性を指摘。当初は女性や若者が中心だったが、有識者やスポーツ選手、俳優らがデモに賛同。海外にも飛び火し、女性の権利拡大を求める運動などとつながった。

この投稿は、便利で簡単な送信フォームを使用して作成されました。 あなたの投稿を作成してください!

どう思いますか?

投稿者Diwan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

イラン抗議デモ 1か月で死者140人超に 事態の収束は不透明 (www3.nhk.or.jp)

イラン女性選手「ヒジャブ」なしでアジア選手権に出場 国内では波紋…賞賛も (news.yahoo.co.jp)